LIXIL カーポート

静岡県地域限定 静岡市・富士市・焼津市・藤枝市・島田市・工事保証付き販売

他店ウェブショップで価格など、ご覧の上で一番最後にお立ち寄り下さい。静岡県静岡市の人気のウェブショップ店舗名ガ人気のリクシル最新高級カーポートSCを地域限定で販売中・工事付きなら工事保証付で商品の購入だけでもOK。モニター価格で掲載中、在来カーポートもお買い得価格で掲載して有ります。ホームセンターで取付が面倒でお断りされたお客様が結構お見えになられます。工事が終わって、お客様に「頼んで良かった!」のお言葉は「私たちの励みです」工事付きなら地元が一番安心一度お気軽にご連絡下さい。

  

LIXILカーポート新登場「SC」カーポート屋根材アルミ形材遮熱仕様

  目を見張る美しさ カーポートSC気に成るこの機会に如何でしょう

ひと口メモ片流れ(片側だけの柱)仕様のカーポート工事で土間のコンクリートを打たない場合は着脱式のサポートの取付を推奨します。理由は雨台風からの被害を受けない為にです。雨台風ではカーポート屋根が強風で煽られると同時に柱も動くため基礎周りが雨でゆるく成り傾く恐れが有ります。もしくは大きな基礎工事をお奨め致します。ワンポイント:強風の地域では強風対策に屋根材ホルダーと着脱式サポートは同時施工が断然お得で安心で、お奨めです。   
◎カーポート工事についてのお願い

ご購入者様は必ずお読み下さい。「注意ご理解」: 本来は画像「①blue枠」の白線の部分の柱位置に建てる予定でした。画像「①blue枠」をご覧ください、このケースは建売住宅で駐車場にコンクリート土間がすでに有りました。画像「①blue枠」の説明 :現地事前確認では汚水管は有るものの化粧ブロックと平行に有る事を汚水点検口の蓋を開けて深さと方向の判断をし、図面で確認画像「②Green枠」では雨水排水管ガス管給水管汚水管より画像では手前側に、これならOKが土間コンを斫ったら最悪、そのように出来ていない。画像「blue枠」の白線の柱位置に建てる予定がガス管と化粧ブロックに挟まれた「②Green枠」間に建てた完成写真をご覧下さい。追加工事に成りながらも、それでも建てる事が出来て良かったケースです。画像「blue枠」のような状況ですと手先の作業と成り50~60㎝深さの柱穴を掘って土を出し、柱を建てる為のコンクリートを詰めるため作業の進捗を著しく阻害し、お分かり頂けると思いますが費用が出ない上、予定が大幅に遅れます。何とか建てる事が出来ましたが配管が有るがために3本の柱穴を一日(通常は半日)でも掘ることが出来なかった!画像「blue枠」カーポートの柱が建つ位置にこの様な埋設物があった場合は別途工事費柱1ヶ所に付き\4,000円(税別)以上追加工事と成りますので宜しくお願い致します。境界から離した画像「blue枠緑線柱位置なら追加工事には成りません。コンクリート土間が有っても無くても配管等の移動には実費が掛かります売住宅では埋設物の確認が中々難しいですが一応販売店に確認される事も大切です。ご新築される方は住宅会社に「こちら側に将来カーポートの柱が建つ予定です」の一言で、「①blue枠」のような配管工事は避けられると思います。工事担当者カーポート以外でも柱等の建つエクステリア工事の計画に付いて、後でシマッタ―の無いよう配管工事前にお気軽に無料相談にご連絡下さい

画像オレンジ枠完成でーす。ふた口めも:台風などの強風が続いたその後でチョッと確認、画像赤枠は柱と梁を固定している8㎜のボルトです。この画像では7本のボルトが鉄製溶融亜鉛メッキされたブラケットを介して柱と梁が固定されています。このボルトが嘘のような本当の話です、画像赤枠右下の赤ラインの部分で台風で上に向かってブラケットの先端で折れました。その時7本のボルトは略すべて緩み梁の下向きのボルト2本は落下しておりました。折れるまでガシャンガシャンと煽られて音が凄かったとお施主様が言われております。今回の台風だけで無く、きっと長い間にボルトが緩みブラケットと梁に隙間が出来て絶え間ない強風から梁に金属疲労が発生したと思いました。守る事が出来ます「安心のために Yuo Can」貴方にだって出来るモンキー&スパナメンテナンス。テラスなどでも発生しております。

安心できる情報

2018年は多くのカーポートに写真の屋根材ホルダーとサポートを取付けました。今ではお客様にカーポートには屋根材のぶっ飛びを防ぐ屋根材ホルダーと強風の煽りを受けないサポートはお客様に必ずお奨めさせて頂いております。同時施工が絶対安く、なんと言っても台風の時の強風にも心配して外を覗かなくても( ´艸`)安心して居られるから!奥様でも取付取外し簡単着脱式

この写真は写真右上隅のLIXILフーゴFワイド(売れ筋カーポート)54-57型の屋根の様子です。奥行き5.7mの屋根に4列の屋根材ホルダー(オプション)を取付けた施工例を掲載致しました。2018年9月30日夜半から日付の変わる10月1日深夜静岡地方は台風24号の猛烈な強風で中部電力管内では1日正午現在、静岡、愛知県などで計約66万戸が停電だと報じられ、当店周辺も1日の午後まで停電状態だった、たった半日だけど不自由を強いられた。災害の多い年で一週間も半月も数ヶ月も停電や断水が他の地方では有るのに中電の電話は繋がらない程だったそうだ?それに比べたら我がままと言われるだろう・・・「備えあれば憂いなし」屋根材ホルダーは絶対お奨めで当店のカーポート購入者には取付けて頂いております。10月2~3日台風24号で屋根が飛ばされた、と言う電話が止まらない今までに経験した事の無い件数で有りながら屋根材ホルダー取付た方々からの連絡は一軒も無い。安堵強風対策商品の設置に付きましては、これらの被害を被らない事を保証する事では有りません。

ご注意:消費税8%別途価格で掲載です。※下記にLIXIL在来カーポート106機種別を掲載してございます。機種によっては間口や奥行きに合わせた加工なども出来ます。詳細はLIXILホームページでご覧下さい。ご希望のメーカー様のカーポートも弊店基準工事価格付でお見積りさせて頂きます。

上記リクシル以外の各メーカー商品も、お取扱い致しております。お気軽に、お問合せ下さいませ。

お客様に喜んで頂ける事を第一に考える

工事なら地元が便利で一番安心!なら季楽々で